エクオールが作れない女性は、更年期障害原因?

エクオールが作れない女性は、更年期障害がひどくなる

女性に特有の更年期障害は、大豆イソフラボンを摂取すると、症状が和らぐと言われていますが、それは、全ての人に言えることではなく、エクオールという物質の存在が必要なのです。

 

体内に、エクオールを作れない方は、大豆イソフラボンをどんなに摂取しても、更年期障害が和らぐことは期待できません。

 

エクオールは、大豆イソフラボンを摂取した時に、体内で消化させるときに作られる物質です。体調や体質によって、その物質を作れず、更年期障害が重くなる方が多くなってきていると言われています。エクオールを作り出せるような身体を作ることが必要になります

 

エクオールを作りやすい身体とは

 

エクオールを作り出すのは腸内細菌です。腸内細菌を増やすには、即効性はなく、食生活や生活バランスの改善が大きな効果をもたらします。野菜や豆類を多く摂取し、腸内細菌を健康にします。排出物を溜め込まず、消化しやすい環境に改善していきます。

 

生活バランスの改善に大きな影響を与えるのは睡眠です。自分に必要な睡眠時間を理解し、しっかり時間を確保することが必要です。普通の人は7〜8時間が適度と言われていますが、人によって、多少異なります。自分がどれぐらいの睡眠が必要なのか、探ってみましょう。起床時間よりも早く目が覚めるようなら、睡眠時間は、もっと少なくても大丈夫だと判断できます。

 

エクオールを作れる身体は20代から

 

エクオールは、更年期障害を和らげるために必要だと言われ、40代後半〜50代に特に必要です。でも、毎月の生理がひどい方には、若くてもエクオールによる助けが必要になります。大豆イソフラボンは、女性ホルモンと構造が酷似し、働きを助けてくれます。エクオールの働きが必要です。

 

子供の頃から野菜・豆類を多く摂取することに注意し、身体作りを続けることが大切です。野菜ジュースや、大豆食品をうまく取り入れることで、エクオールを作れる身体作りが可能です。子供の頃の食事は、大人になって、自分で食事を作る時に、思い出すことができます。